現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブラジル】カルロス・テノリオ【FW】

名前:カルロス・テノリオ(Carlos Vicente Tenorio Medina)

国籍:エクアドル

生年月日:1979年5月14日(34歳)

身長:182センチ

体重:78キロ

ポジション:FW

所属クラブ:バスコ・ダ・ガマ(ブラジル全国選手権セリエA)






・選手紹介
元エクアドル代表FWカルロス・テノリオが神戸加入か(ゲキサカ)

主に中東諸国でキャリアを過ごしたフィジカル・モンスター系FW。

プロ・デビューしたクラブは、エクアドル第3のクラブであるLDUキト。

国内での活躍が認められ、UAE1部のアル・ナスルへとレンタルで移籍。

初年度からリーグ得点王のタイトルを得る。

翌年にカタール1部のアル・サッドへと引きぬかれ、そこでも元アルゼンチン代表ガブリエル・バティストゥータに次ぐ得点ランク2位と健闘。

2005-2006シーズンには、とうとうリーグトップスコアラーとなる。

2009-2010シーズンから、再びアル・ナスルで2年間プレーし、現在はブラジル1部のバスコ・ダ・ガマに所属している。


・プレースタイル
アルビレックス新潟の川又堅碁に似たタイプのボックス・ストライカー。

DFライン上を小刻みに動き、スルーパスやクロスを引き出す。

身体能力が高く、スピードとパワーを兼ね備えており、フィジカルコンタクトを苦にしない。

ドリブルで何人も抜くタイプではない代わりに、パス能力がそこそこあり、アシストも期待できる。

フィジカルの低下がパフォーマンスに影響しやすいアスリート系FWなため、加齢による衰えの心配がある。

しかし過去に元浦和レッズのエメルソンや元インテルのマウロ・サラテといった高速ドリブラーと2トップを組み、結果を残している。

その点を考えれば、ペドロ・ジュニオールとの相性は、マルキーニョスよりも良さそうだ。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【ブラジル】リンス【FW】

名前: リンス(Lins Lima de Britto)

国籍:ブラジル

生年月日:1987年9月11日(26歳)

身長:172センチ

体重:69キロ

ポジション:FW

所属クラブ:クリシューマ(ブラジル全国選手権セリエA)






・選手紹介
【G大阪】李との交渉進まず ブラジル人FWリンスと合意(スポーツ報知)
G大阪ブラジル1部FW仮契約と現地報道(日刊スポーツ)

プロ10年目にして、ついにブレイクした雑草系ストライカー。

サンカエターノやクルゼイロなど強豪クラブに所属するもなかなか芽が出ず、地域リーグを放浪。

今シーズン、セリエAで得点ランク11位となる11ゴールを決め、ようやく功名をあげることに成功した。

ユニフォームの色とプレースタイルが似ていることから、ドルトムントのロベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski)に引っ掛けたリンスヴァンドフスキ(Linswandoviski)という愛称で呼ばれている。


・プレースタイル
ピッチの幅を広範囲に動きまわるワイド・ストライカー。

前線ならばどこでもこなす。

日刊スポーツの記事では“足元のテクニックに優れドリブルも得意”書かれているが、逆にブラジル人アタッカーの割には技術レベルが低めで突破力もそれほどでもない。

むしろアピールポイントはテクニックよりも身体能力の方だろう。

身長は172センチとやや小柄だが、筋肉質で頑強な肉体を保持している。

パワーとスピードを兼備し、敏捷性にも優れる。

武器は裏への飛び出しと高速ターンからのミドルシュート。

フィジカルの優位を活かし、背負ったCBと入れ替わるのも得意だ。

テクニック不足により個人で局面を打開する能力がなかったため、周りを活かす術を身につけており、球離れも早い。

クリシューマでは主にサイドで起用されていたが、能力を考えればゴールにより近い位置でプレーさせたほうが活躍しそうだ。

人気ブログランキングへ

【ブラジル】マテウス・フェハス【DF】

名前:マテウス・フェハス(Matheus Ferraz Pereira)

国籍:ブラジル

生年月日:1985年2月12日(28歳)

身長:190センチ

体重:82キロ

ポジション:CB

所属クラブ:クリシューマEC(ブラジル全国選手権セリエA)








・選手紹介
FC東京が獲得したとの報道が流れた大型ストッパー。

クリシューマのマテウス・フェハスがFC東京移籍か

ブラジルの名門サントス出身で将来を嘱望されていたが、なかなか結果を残せず、国内下部リーグを転々としていた。

かつてシャムスカ監督が指揮をとっていたブラジル全国選手権セリエDのミラソウFCで2011シーズンにようやくブレイク。

そこでの活躍を認められ現在所属するクリシューマへと引きぬかれた。

2012/2013シーズンにはヨーロッパリーグに出場したキプロスの強豪クラブAELリマソールへ移籍。

その後クリシューマへ復帰し、2013シーズンのサンタカタリーナ州選手権ベスト11に選ばれる活躍を見せた。

・プレースタイル
190センチと長身の割にはやや痩せ型でスピードがある。

身体能力の高さを活かしたハードマークでFWを抑えこむ。

空中戦に強くクリシューマではセットプレーの得点源となっていた。

足元の技術を備えており、自陣からドリブルでボールを運び、そのままゴール前に飛び込むなど、攻撃意識も高い。

1対1にも強く、動画では加速で抜くタイプのドリブラーを何度も止めていた。

課題は戦術面だ。

視野が狭く、カバーリング・センスに欠け、簡単に背後を取られるシーンが少なくない。

スピード、パワー、テクニックと三拍子そろっていながら、これまで実績を積めなかったのは、そのためと思われる。

浦和レッズの槙野のように、3バックの一角でCB兼SBとして起用したほうが持ち味を発揮できるだろう。

人気ブログランキングへ

プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。