現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【インドネシアのイニエスタ】ステファノ・リリパリー【コンサドーレ札幌】

名前:ステファノ・リリパリー(Stefano Lilipaly)

国籍:インドネシア/オランダ

生年月日:1990年1月10日(24歳)

身長:170センチ

体重:60キロ

ポジション:MF

所属クラブ:アルメレ・シティ(オランダ2部)








・選手紹介
インドネシア人MFステファノ 札幌に完全移籍へ(北海道新聞)

「インドネシアのイニエスタ」と称されているインドネシア代表の攻撃的MF。

オランダ人とインドネシア人のハーフで出身地はオランダである。

宗主国の関係からオランダへ移民したインドネシア人は多い。

インドネシアサッカー協会は、代表チームの強化のため、そうした移民の子孫を積極的に勧誘しており、ステファノもそういった選手たちのひとりなのだそうだ。

各年代のオランダのユース代表に選出された経験を持っている。

オランダ1部ユトレヒトのユースチームで育ち、その後トップチームへと昇格。

2011-2012シーズンにはオランダの名門PSVとの試合でゴールを決めている。

しかし、クラブ首脳陣からは、それほど評価されていなかったらしく、シーズン終了後に自由契約でオランダ2部アルメレ・シティへと放出された。


・プレースタイル
スピードとダイナミズムに優れたシャドーストライカー。

イニエスタよりもFC東京の羽生にちかい。

そこそこアシスト能力もあるが、ゲームメーカーというほどではなく、機動力とアジリティ、そしてオフ・ザ・ボールの動きに特長がある。

昨シーズンは主に右SBに配置されていたらしいが、足の速さとスタミナを買われての起用だろうが、それほど適正があるようには見えない。

絶対的な武器を持つわけではないが、十分にJ2で通用するレベルの選手ではないかと思われる。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【韓国】チョン・ソンフン【FW】

名前:チョン・ソンフン(Jeong Shung-Hoon)

国籍:大韓民国

生年月日:1979年7月4日(34歳)

身長:190センチ

体重:85キロ

ポジション:FW

所属クラブ:大田シチズン(韓国2部)



・選手紹介
韓国の現地メディアでコンサドーレ札幌への移籍が噂される元韓国代表のベテラン大型FW。

若手の頃は190センチと大柄な体格に似合わず競り合いに弱かったため、なかなか結果を残せず低迷していたが、2008年に韓国1部の釜山アイパークで31試合8ゴールを記録し、韓国代表にも選出された。

A代表初選出が29歳と遅咲きだったことから、大器晩成の巨漢FWとして知られる元イタリア代表FWルカ・トーニになぞらえて「韓国のルカ・トーニ」と呼ばれている。


・プレースタイル
広範囲に動きまわる機動型ポストプレーヤー。

セレッソ大阪の杉本健勇に似ている。

空中戦の強さは、見た目通りのリーグ最強クラス。

動画では元大宮アルディージャの長身DFマトと互角に渡り合っていた。

J2で対抗できるDFは五指に満たないだろう。

利き足は左だが、ほぼ両利きなようだ。

右足でもロングレンジの弾丸FKを決めている。

ゴール前中央でのプレーを好まず、中盤へ下がったり、サイドへ流れたりする動きを多用していた。

フィジカルの強さに頼る傾向が強く、状況判断力に問題を抱えている。

CBとの駆け引きも苦手なようだ。

風貌と異なりセカンドストライカー型の選手なので、内村の後列で使った方が本領を発揮するのではないかと思う。

人気ブログランキングへ

【コンサドーレ札幌】ヘナン【MF】

名前:へナン(Marcos Renan Oliveira Santana)

国籍:ブラジル

生年月日:1990年4月7日(23歳)

身長:167センチ

体重:64キロ

ポジション:MF

所属クラブ:コンサドーレ札幌(J2)



・選手紹介
ヘナン 選手(ブラジル) 加入決定のお知らせ(札幌公式HP)

ブラジルの地域リーグで経験を積んできた攻撃的MF。

グレミオ・バルエリのユースチーム出身である。

なおグレミオ・バルエリは2010年から2シーズン、本拠地をプレジデンテ・プルデンテへと移し、クラブ名をグレミオ・プルデンテに名称変更していた。

2012シーズンからバルエリへ再移転し、名称もグレミオ・バルエリに戻している。

プロキャリアでの主な経歴は、2010シーズンにブラジル全国選手権1部グレミオ・プルデンテで5試合出場ことがあるくらい。

それ以外にはサンパウロ州2部ヴェロ・クラブで数試合出場したという程度の実績しか見当たらない。

ウィキペディアにもポルトガル語版の項目がなく、英語版も最終更新日が2012年11月28日という状況。

23歳の若さながら、すでにブラジル国内では過去の選手扱いされているようだ。

レンタル元のローマ・エスポルチ・アプカラナはパラナ州2部のクラブである。

パラナ州2部のクラブというとだいたいブラジル5部、6部相当のクラブといえるだろう。


・プレースタイル
個人技ではなく周囲とのコンビネーションでチームに貢献するアタッカー。

小柄だが筋肉質なためフィジカルコンタクトにはそれなりに耐えられる。

しかし、そこそこパワーがある代わりにスピードは標準レベルのようだ。

ボールをドリブルで運んでいる最中に後方からの敵に追いつかれたシーンが何度もあった。

左利きのドリブラーという話だったが、ドリブル突破でチャンスを作るシーンはまず見られなかった。

確かに相手DFが油断しているとラン・ウィズ・ザ・ボールでスペースに切り込むこともある。

けれども、基本的には個の力で局面を打開するのではなく、フィジカルの強さを活かしたボールキープ、サイドチェンジやワンツーなどで攻撃の潤滑油になるのが、主な役割のようだ。

レフティの攻撃的MFということでプレースキックを任されることもあるようだが、キックの質はさほど高くはない。

パスセンスもたいしたレベルではなかった。

コンサドーレ札幌には、彼よりも優秀なアタッカーがそろっている。

おそらく出場機会は限られることになるだろう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。