現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ広島2013シーズン選手短評

1.GK西川周作
足元のテクニックとロングフィードの質ではリーグ随一の現代的なGK。以前は空中戦に弱いCBを補うためにクロスに対して無謀な飛び出しを繰り返して失点していたが、最近は無茶をする必要がなくなったためか安定している。しかし浦和への移籍によって元通りになる可能性も。

2.DFファン・ソッコ
スピードとパワーを兼備した万能ストッパー。現在は機動力を買われてWBで主に起用されている。カットインしてからのミドルシュートでゴールを決めることもあるが、サイドの深い位置までボールを運んだあげくにバックパスという、がっかりプレーを繰り返す選手でもある。

4.DF水本裕貴
対人プレーには滅法強いマンマーカー。3バック専門の選手のため、4バックで起用すると別人のように自信に欠けたプレーを見せる。槙野の影響を受けたのか、最近は積極的にミドルシュートを放つようになっている。

5.DF千葉和彦
ビルドアップ能力に秀でたCB。以前は最終ラインに居るボランチと言っていい選手だったが、日本代表に選ばれて以降、何かに目覚めたのか、CBの基本プレーを的確にこなせるようになった。昨シーズンの広島で一番成長した選手である。

6.MF青山敏弘
日本代表にも選出された攻撃的ボランチ。日本人ではゲームメーカーと潰し屋の二役を同時にこなすことの出来る唯一の存在である。パスを受ける動きが改善すれば、代表で長谷部からポジションを奪うことも可能だろう。

7.MF森崎浩司
左足のシュートに定評のあるシャドーストライカー。DFからトップ下までこなす兄と同一視されて、左WBでゲームメークを任されたり、リベロをやらされたり、といろいろと不憫な選手である。守備に難があるため基本的に2列目より後ろで起用すると使いものにならない。

8.MF森崎和幸
中盤の底から攻撃を組み立てるグアルディオラ系のゲームメーカー。カバーリング能力に優れた選手だったが、近年は慢性疲労症候群の再発を恐れてか、守備をサボり失点の原因になることが多くなっている。

9.FW石原直樹
高い身体能力を武器とするオールラウンドなストライカー。以前はフィジカル頼みのセカンドストライカーだったが、佐藤寿人からCBと駆け引きする技術を盗み取り、1トップにも対応できるようになった。小柄だが肉弾戦にやたらと強い。

10.MF高萩洋次郎
展開力に優れたピルロ系レジスタ。パスの出し手としてだけでなく受け手としても優秀。ゲームメーク能力では中村憲剛に次ぐ存在。痩身でフィジカルコンタクトに弱く、守備面に課題がある。

11.FW佐藤寿人
献身的なインザーギ系ストライカー。ゴール前に放り込まれるあらゆるボールをゴールへ叩き込む。ポストプレーやスペースメークなど、周囲を活かす意識も高い。もう少し足が速ければ・・・・・・。

14.MFミキッチ
右サイドで上下動を繰り返す高速アタッカー。異次元のスプリント能力を武器に右サイドを切り裂く。ただし自分と同レベルのスピードを持つDFには弱く、守備が下手なことで有名な藤春にすら完封されていた。キック技術が拙く、クロスの精度が低いのが課題。

16.MF山岸智
両サイドをこなすオフェンシブなWB。クロスに合わせる技術もあり、セカンドストライカーとしてもプレー可能。

17.DFパク・ヒョンジン
左足のキックに定評のあるSB。主に左WBに配置されていたが、縦への突破力に欠けるため、それほど機能していなかった。

24.MF野津田岳人
筋肉太りする前の中田を彷彿とさせる攻撃的MF。トップ下でパサーとシャドーの両方をこなせる。左足のキックは一見の価値あり。

27.MF清水航平
オフ・ザ・ボールの動きに優れたスピードスター。左WBで主に起用されているが、左足のキックの精度が低く、オフェンス面の貢献度が意外と低い。ディフェンスに難がある点もふまえるとカウンター要員としてFWに起用したほうが良さそうに思える。

29.FW浅野拓磨
アシスト能力もある高速ドリブラー。左サイドからの仕掛けを得意としており、ネイマールっぽいプレーを見せる。2シャドーよりも2トップの一角で起用したほうが持ち味を活かせるだろう。

33.DF塩谷司
スピード、パワー、テクニックと三拍子揃った万能DF。課題だったポジショニングも改善し、トータルバランスに優れたCBへと進化した。いつ代表に呼ばれてもおかしくないだろう。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

【サンフレッチェ広島】石原直樹【FW】

名前:石原 直樹(イシハラ ナオキ)

国籍:日本(群馬県)

生年月日:1984年8月14日(29歳)

身長:173センチ

体重:62キロ

ポジション:FW

所属クラブ:サンフレッチェ広島(J1)



・プレースタイル
高い身体能力と運動量が持ち味のスピードスター。

173センチと小柄でスマートな体型ながら非常に頑健で、フィジカルコンタクトには異常な強さを見せる。

空中戦にも秀でており、10センチ近く長身のDFと互角に渡り合っていた。

セットプレーのターゲットとしても卓抜しており、チーム最多の3ゴールをマークしている。

スタミナが豊富でディフェンスにも献身的である。

広島に加入する以前は、典型的なアスリート系のシャドーストライカーだったが、佐藤寿人からCBと駆け引きする技術を盗みとり、1トップもこなすオールラウンドなFWへと進化した。

視野が狭く、パスセンスに欠けるため、ワンツーなどのコンビネーションプレーは苦手としている。

ミドルシュートを放てるだけのキック力と技術を備えているが、サイドアタック重視のチーム戦術に従っているのか、たまにしか蹴ろうとしない。

バイタルエリアでボールを受けても、強靭な肉体を活かしたポストプレーでワンパターンにサイドへ展開する事が多いようだ。

大宮アルディージャではサイドアタッカーとして起用されることもあるが、チャンスメーカーの才能は持ちあわせておらず、機能したところは見たことがない。

根本的にスペースでボールを受けてなんぼのワンタッチ・ゴーラーなため、出来るだけゴールに近いエリアでプレーさせたほうが、その真価を発揮させやすいだろう。

人気ブログランキングへ

【サンフレッチェ広島】ビョン・ジュンボン【DF】

名前:ビョン ジュンボン(BYEON Jun Byum)

国籍:大韓民国

生年月日:1991年5月2日(22歳)

身長:184センチ

体重:71キロ

ポジション:DF

所属クラブ:サンフレッチェ広島(J1)



・選手紹介
ビョン・ジュンボン選手(建国大学/韓国)の新加入決定のお知らせ(サンフレッチェ公式HP)

ファン・ソンフォン、ユ・サンチョル、イ・ヨンピョといった韓国代表の歴代スター選手を輩出した名門校・建国大学に所属していた長身DF。

観光地として有名な済州島出身で、プレミアリーグのサンダーランドに所属するチ・ドンウォンとは、済州選抜チームで共にプレーした経験がある。

公式HPには代表歴は韓国大学選抜としか書かれていないが、U18代表にも選ばれていたそうだ。

目標とする選手は、東アジア選手権2010で最優秀DFに選ばれた元韓国代表CBチョ・ヨンヒョンと元セルビア代表CBネマニャ・ヴィディッチ。

・プレースタイル
足元の技術に優れたストッパー。

相手FWからプレッシャーを掛けられても落ち着いてパスを繋ぐことが出来る。

敵陣深くまでオーバーラップするようなプレーは、まったく見られなかったが、攻撃の組み立てに参加する分には、特に問題なさそうだ。

長身で空中戦に強いが、細身な体格なせいか、韓国人DFとしてはややパワー不足な印象がある。

フィジカル面で特別秀でた点は見られなかった。

スピードは標準レベルだが、1対1には強い。

ポジショニングなど戦術面に課題があり、マンマーク技術に優れてはいない様子。

闘莉王のようにボールに引きつけられやすい悪癖さえ改善できれば、J1でも通用するのではないかと思う。

人気ブログランキングへ
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。