現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸ホーリーホック2013シーズン選手短評

1.GK本間幸司
ミスターホーリホックともいうべきベテランGK。身体能力に頼ったセービングが多く、ポジショニングが悪い。サイドに振られると体勢を崩しやすく、ボールの動きについていけないことが多い。

2.DF近藤岳登
機動力に優れた攻撃的SB。FWからのコンバートされた選手のため、守備に難がある。SBとしては、それほど攻撃センスに恵まれてはいない。

3.DF輪湖直樹
突破力とクロスに定評のある左WB。スピードとスタミナを兼備しているが、守備意識が低く、SBで起用されていた際には、よく戻り遅れて背後のスペースを狙われていた。軽量級でフィジカルコンタクトに弱いことから最終ラインよりも中盤で起用したほうが生きる選手だろう。

4.DF尾本敬
ドーベルマン型のストッパー。左利きで足元の技術に優れることから左SBでも起用されることがある。空中戦に強く、セットプレーのターゲットにもなる。だが状況判断力に欠け、不用意に前へ飛び出してゴール前に穴を作る事があることがしばしば。

5.DF加藤広樹
191センチと頭抜けた高さを備えるCB。エアバトルでは無敵。一方でその体格ゆえにアジリティに欠け、ドリブラーの動きについていけないのが欠点。

9.FW難波宏明
ガムシャラ系のボックスストライカー。小柄な体格ながら最前線で体を張り、守備時にもチームの為に走り回る。技術的に限界があり、セカンドストライカーとして使うと持ち味が消える。

10.MF橋本晃司
セカンドストライカー型のファンタジスタ。両足から繰り出されるミドルシュートとスルーパスで相手ゴールを脅かす。オフ・ザ・ボールの動きに課題。SHやボランチでも起用されることがあるが、守備意識の低さから言って機能させるのは難しい。

11.FW三島康平
リーグ屈指のエアバトラー。空中戦には絶対の自信を持つ。ただし、そのヘディングの強さを活かすすべを身につけておらず、現状ではただの電柱。

14.MF西岡謙太
攻守に中途半端なMF。バランサーなどと言われているだが、どっちつかずな印象が強い。現状では攻撃的ボランチとも、守備的ボランチとも言えない。もう少し攻守両面で成長すれば、真の意味で万能型MFになれるのだが。

15.MF島田祐輝
国内では珍しい左利きのウインガー。サイドを突破してクロスを上げるだけでなく、カットインしてシュートに持ち込むことも出来る。個々のプレーの質はやや低め。

17.DF新里亮
スピードのある守備のユーティリティ・プレーヤー。本職はCBらしいが、対人プレーはそれほど強くない。ボランチで起用するとDFラインに簡単に吸収されてしまい、中盤に大きな穴を開けていた。今シーズンはどこで起用されても守備が不安定だった。

18.DFキム・ヨンギ
韓国人の長身DF。187センチの大柄な体格の割には、決定的な場面で空中戦に負けているシーンが多い。ラフなプレーは多いが、マーキングは甘め。

21.GK笠原昂史
身体能力に優れたGK。戦術理解全般に課題がある。コーチングも苦手とのこと。

24.DF細川淳矢
機動力に優れたストッパー。今シーズンの水戸で一番成長した選手である。スピードに頼りがちで非常にマークの甘い選手だったが、シーズン途中からマーキング技術が向上し、リーグ有数のストッパーへと成長した。目下の課題はマークの受け渡し。

27.DF冨田大介
複数のポジションをこなす守備のマルチーロール・プレーヤー。大宮時代はヘディングでフィニッシュに絡む攻撃的SBだったが、途中からCBでラインコントロールを任されるようになりDFリーダーとしてもプレーできるようになった。しかしカバーリングは苦手。

28.MF小澤司
サイドのシャドーストライカー。シュート技術に定評があり、ミドルシュートを狙うだけでなく、ペナルティエリア内でも冷静にシュートを放つことができる。サイドアタッカーとしてもう一皮むけるためには、クロスの質を上げたいところ。

30.FW鈴木隆行
元日本代表のファールゲッター。相手DFを罠に陥れ、巧みにファールを引き出す。今シーズンの水戸はリーグ最多の11PKをゲット。そのうち7つをノーミスで決める。適性ポジションはセカンドストライカー。

人気ブログランキングへ

【大宮アルディージャ】橋本晃司【MF】

名前:橋本 晃司(ハシモト コウジ)

国籍:日本(石川県)

生年月日:1986年4月22日(27歳)

身長:178センチ

体重:68キロ

ポジション:MF

所属クラブ:大宮アルディージャ(J1)



・プレースタイル
水戸ホーリーホック 橋本 晃司選手 大宮アルディージャ加入のお知らせ(大宮公式HP)

憧れの選手はロベルト・バッジオとディエゴ・マラドーナというファンタジスタ系セカンドストライカー。

卓越したスキルを備えており、両足で自在にボールをコントロールする。

いわゆる王様プレーヤーなため、オフ・ザ・ボールの動きには乏しい。

以前よりも運動量が増えたそうだが、タイミングよく走りだす事ができず、シャドーワークはこなせない模様。

ただし、ひとたび足元にボールが収めれば、左右の足から繰り出す高精度のスルーパスとミドルシュートで決定機を演出する。

ボランチやSHで起用されていたが、守備意識が低く、ディフェンスの穴になっていた。

そのポテンシャルを発揮させるためには、セカンドストライカーかトップ下での起用が望ましいであろう。

人気ブログランキングへ

【コンサドーレ札幌】ヘナン【MF】

名前:へナン(Marcos Renan Oliveira Santana)

国籍:ブラジル

生年月日:1990年4月7日(23歳)

身長:167センチ

体重:64キロ

ポジション:MF

所属クラブ:コンサドーレ札幌(J2)



・選手紹介
ヘナン 選手(ブラジル) 加入決定のお知らせ(札幌公式HP)

ブラジルの地域リーグで経験を積んできた攻撃的MF。

グレミオ・バルエリのユースチーム出身である。

なおグレミオ・バルエリは2010年から2シーズン、本拠地をプレジデンテ・プルデンテへと移し、クラブ名をグレミオ・プルデンテに名称変更していた。

2012シーズンからバルエリへ再移転し、名称もグレミオ・バルエリに戻している。

プロキャリアでの主な経歴は、2010シーズンにブラジル全国選手権1部グレミオ・プルデンテで5試合出場ことがあるくらい。

それ以外にはサンパウロ州2部ヴェロ・クラブで数試合出場したという程度の実績しか見当たらない。

ウィキペディアにもポルトガル語版の項目がなく、英語版も最終更新日が2012年11月28日という状況。

23歳の若さながら、すでにブラジル国内では過去の選手扱いされているようだ。

レンタル元のローマ・エスポルチ・アプカラナはパラナ州2部のクラブである。

パラナ州2部のクラブというとだいたいブラジル5部、6部相当のクラブといえるだろう。


・プレースタイル
個人技ではなく周囲とのコンビネーションでチームに貢献するアタッカー。

小柄だが筋肉質なためフィジカルコンタクトにはそれなりに耐えられる。

しかし、そこそこパワーがある代わりにスピードは標準レベルのようだ。

ボールをドリブルで運んでいる最中に後方からの敵に追いつかれたシーンが何度もあった。

左利きのドリブラーという話だったが、ドリブル突破でチャンスを作るシーンはまず見られなかった。

確かに相手DFが油断しているとラン・ウィズ・ザ・ボールでスペースに切り込むこともある。

けれども、基本的には個の力で局面を打開するのではなく、フィジカルの強さを活かしたボールキープ、サイドチェンジやワンツーなどで攻撃の潤滑油になるのが、主な役割のようだ。

レフティの攻撃的MFということでプレースキックを任されることもあるようだが、キックの質はさほど高くはない。

パスセンスもたいしたレベルではなかった。

コンサドーレ札幌には、彼よりも優秀なアタッカーがそろっている。

おそらく出場機会は限られることになるだろう。

人気ブログランキングへ

横浜FC2013シーズン選手短評

1.GKシュナイダー潤之介
J2で200試合以上の出場経験をもつベテランGK。顔に似合わず保守的なのか、古いセオリーでプレーしているらしく、他のGKとは異なる動きをみせる。

2.DF野上結貴
足元の技術に優れたDF。本職はボランチだが、1対1の強さを買われてCB、SB起用されることが多い。DFとしての経験は浅く、マンマークやカバーリングなどの基本をマスターできていない。

3.DF森下俊
テクニカルな左利きのCB。スピードがあるため左SBでも使われていた。DFリーダーとして期待されていたが、足の速さに頼りがちで、ラインコントロールやカバーリングに長けてはいない。対人プレーでも甘さが目立ち、適性ポジションは不明。

4.DFペ・スンジン
空中戦に強い韓国人ストッパー。打点の高いヘディングでセットプレーのターゲットにもなる。予測能力が低く、マーキングが甘め、相手FWの動きについていけないシーンがたびたび見られた。
5.DF西嶋弘之 ディフェンスのユーティリティープレーヤー。180センチと大柄な体格のため、DFにコンバートされたが、デビュー当初は攻撃的MFだった。パス技術に優れ、ヘディングシュートを得意としている。1対1に弱く、DFに向いているわけではなかったりする。

6.MF高地系治
高精度のキックで決定機に絡むサイドアタッカー。左足から繰り出されるクロスとミドルシュートは、破壊力抜群。なぜボランチで起用されるのかが理解できない。

8.MF佐藤謙介
J2では珍しい本格的なゲームメーカー。突出したパス技術があるわけではないが、プレービジョンを備えており、的確にパスを繋ぐことが出来る。ただパスが上手いだけの“なんちゃってゲームメーカー”とは一線を画する。

9.FW黒津勝
高い身体能力を備えた快足FW。179センチとサイズは中肉中背だが、ジャンプ力があり、ヘディングシュートを得意としている。強烈な左足のミドルシュートも装備。

13.MF野崎陽介
小柄でスピーディーなシャドーストライカー。サイドからDFラインの背後への飛び出しで、今季はチーム2位のゴール数を記録した。チャンスメーク能力は皆無に近い。

14.MF武岡優斗
フィニッシュとチャンスメークの両面で機能するサイドアタッカー。ピンポイントのクロスでアシストを決めるだけでなく、ゴール前に飛び込みフィニッシュにも絡むことが出来る。豊富なスタミナを評価され、右SBでも起用されていたが、SBでのアシストは0本。理由は不明。

36.MF松下裕樹
ロングパスに定評のあるJ2屈指のゲームメーカー。かつては行動半径が狭く、走らない選手として有名だったが、いまは運動量が増え、プレーエリアも広くなっている。アンカーで起用されることが多いが、ポジショニングが悪く、カバーリングもうまくない。

39.FW大久保哲哉
長身のシャドーストライカー。痩身で機動力があり、スペースへの飛び出しを得意としている。筋肉量が少なく、フィジカルコンタクトを苦手としている。背が高いFW=ポストプレーヤーという構図の犠牲者。

人気ブログランキングへ

【横浜FC】大久保哲哉【FW】

名前:大久保 哲哉(オオクボ テツヤ)

国籍:日本(神奈川県)

生年月日:1980年3月9日(33歳)

身長:190センチ

体重:81キロ

ポジション:FW

所属クラブ:横浜FC(J2)



・プレースタイル
190センチと長身のシャドーストライカー。

一般的なイメージとは異なり、痩身で筋肉量が少なく、身体的な強さに欠ける。

そのためDFを背負うようなパワーが求められるプレーは苦手としている。

しかし、ウェイトが少ない分だけ身のこなしが軽く、見た目よりも機動力があり、スペースへ飛び出す感覚に優れている。

後列からクロスに飛び込むプレーを評価され、過去にはトップ下やCHでも起用されていた。

軽量なことから肉弾戦を不得手としており、空中戦で絶対的な強さを持っているわけではない。

けれども、マークを外す動きに長けているため、ヘディングでの得点が多い。

サイドに流れてからのチャンスメークを得意としている。

そのためボックスストライカーとしてペナルティエリア内に固定するよりも、セカンドストライカーとして広範囲に走らせたほうが持ち味を活かせるだろう。

【サンフレッチェ広島】ビョン・ジュンボン【DF】

名前:ビョン ジュンボン(BYEON Jun Byum)

国籍:大韓民国

生年月日:1991年5月2日(22歳)

身長:184センチ

体重:71キロ

ポジション:DF

所属クラブ:サンフレッチェ広島(J1)



・選手紹介
ビョン・ジュンボン選手(建国大学/韓国)の新加入決定のお知らせ(サンフレッチェ公式HP)

ファン・ソンフォン、ユ・サンチョル、イ・ヨンピョといった韓国代表の歴代スター選手を輩出した名門校・建国大学に所属していた長身DF。

観光地として有名な済州島出身で、プレミアリーグのサンダーランドに所属するチ・ドンウォンとは、済州選抜チームで共にプレーした経験がある。

公式HPには代表歴は韓国大学選抜としか書かれていないが、U18代表にも選ばれていたそうだ。

目標とする選手は、東アジア選手権2010で最優秀DFに選ばれた元韓国代表CBチョ・ヨンヒョンと元セルビア代表CBネマニャ・ヴィディッチ。

・プレースタイル
足元の技術に優れたストッパー。

相手FWからプレッシャーを掛けられても落ち着いてパスを繋ぐことが出来る。

敵陣深くまでオーバーラップするようなプレーは、まったく見られなかったが、攻撃の組み立てに参加する分には、特に問題なさそうだ。

長身で空中戦に強いが、細身な体格なせいか、韓国人DFとしてはややパワー不足な印象がある。

フィジカル面で特別秀でた点は見られなかった。

スピードは標準レベルだが、1対1には強い。

ポジショニングなど戦術面に課題があり、マンマーク技術に優れてはいない様子。

闘莉王のようにボールに引きつけられやすい悪癖さえ改善できれば、J1でも通用するのではないかと思う。

人気ブログランキングへ

東京ヴェルディ2013シーズン選手短評

1.GK佐藤優也
お笑い系と言われたのも今や昔、シュートストップに長けたゴールキーパー。DFのサポートがあれば的確にシュートをセーブする。プレーの難易度が上がると、途端にプレーが投げやりになるという欠点を抱えている。1対1に弱く、飛び出しの判断もよろしくない。

2.DF石神直哉
左サイドのスペシャリスト。高精度の左足のキックが武器。パワーとスピードに欠け、対人プレーに脆さを見せる。その守備力はWBとしても不十分なレベル。攻撃力を買われてCBとしても起用されるが、ディフェンス面でチームの足を引っ張っていた。その代わりクロスの破壊力は抜群。

3.DF刀根亮輔
身体能力の高いストッパー。簡単に背後を取られ、カバーリングミスも少なくないが、対人プレーに関しては安定していた。

6.DF福井諒司
猪突猛進系ストッパー。フィジカルコンタクトに強く、ハードマークでFWを封殺する。不用意に飛び出すプレーが多いのが課題。、何度も裏のスペースを狙われていた。左足のフィードの質に定評があり、ロングパス一発でアシストを決めることもある。

11.MF西紀寛
多彩な選択肢を持つ攻撃的MF。J1時代は器用貧乏の印象があったが、J2にステージを移してから万能超人へと進化した。さすがにCHをこなせるほどの守備力はなく、今シーズンは持ち味をなかなか発揮できず。

14.MF鈴木淳
左利きの和製ベッカム。展開力はあるが、組み立て能力に欠ける。CBからのパスを引き出す動きにも欠点があり、ボールを奪われてカウンターの起点になることもしばしばだった。プレースキッカーとしてはリーグ屈指の実力を備えている。

15.MF小池純輝
ミドルシュートの威力に定評のあるカットイン型サイドアタッカー。元FWだけあって、ゴール前に飛び込み、クロスに合わせる技術も備えている。左WB起用は無理筋。

16.MF飯尾一慶
小柄でアジリティに優れたセカンドアタッカー。運動量豊富で足元の技術にも優れている。チャンスメーカーとしては凡庸で、ゴールへの意識も低く、どっちつかずな印象。

17.FW常磐聡
驚異的な身体能力が魅力のセカンドストライカー。ジャンピングボレーを始めとするアクロバティックなゴールが多い。器械体操の経験があり、ゴールパフォーマンスの宙返りで有名。高原に遠慮してか、無理に合わせて動こうとするきらいがある。

18.FW巻誠一郎
元日本代表のストロングヘッダー。ヘディングシュートのうまさは相変わらず。クロスさえ供給されれば、J2レベルのDFには対処不可能。

19.DF森勇介
攻撃力だけなら日本代表級のサイドアタッカー。カードコレクターとして有名な問題児だったが、現在は更生済み。今シーズンはイエローカードを2枚しかもらっていない模様。ただし守備のルーズさには変化なし。

26.DF井林章
軽量級ながらフィジカルに優れた頭脳派ストッパー。東京ヴェルディのDFの中では一番安定していた。178センチと上背はないが、競り合いにも強い。右足のフィードとロングクロスでチャンスメークも出来る。

27.MF前田直樹
プレーレパートリーの豊富な攻撃的MF。西の後継者となりそう。同級生の中島よりも、前田のほうが有望に思える。

44.FW高原直泰
元日本代表のエースストライカー。不得意な最前線のポストプレーヤーを任されながら、しぶとくチーム最多の11ゴールを記録。まだまだJ1でやれる実力は維持できている。

人気ブログランキングへ

【東京ヴェルディ】森勇介【DF】

名前:森 勇介(モリ ユウスケ)

国籍:日本(静岡県)

生年月日:1980年7月24日(33歳)

身長:176センチ

体重:74キロ

ポジション:DF

所属クラブ:東京ヴェルディ(J2)



・プレースタイル
攻撃力だけなら日本代表級のサイドアタッカー。

スピードに乗ったドリブルで右サイドを突破し、高精度のクロスでチャンスを量産する。

クロスは静止状態からピンポイントで狙う形が多い。

トップスピードの状態では、グラウンダーのクロスを多用していた。

かつてはカードコレクターと言われた問題児も、ベテランとして経験を積み更生したとのこと。

今シーズンはイエローカード2枚のみ。

一方でプロフェッショナル・ファールも避けるため、簡単に突破を許してしまうことも少なくない。

守備意識が低く、カバーリングを怠る傾向がある。

人気ブログランキングへ
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。