現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モンテディオ山形】中村太亮【MF】

名前:中村 太亮(ナカムラ タイスケ)

国籍:日本(京都府)

生年月日:1989年7月19日(24歳)

身長:182センチ

体重:68キロ

ポジション:MF

所属クラブ:ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)



・プレースタイル
ダッシュ力を武器にサイドを突破する純正ウインガー。

左足のキックに秀でており、高精度のクロスとプレースキックでチャンスを量産する。

ドリブルは緩急で縦に抜けていくスタイルなことから、前方にスペースがないと本領を発揮できない。

そのため縦のコースをふさがれると苦しむ傾向がある。

左サイド専門の選手といってよく、おそらく右サイドで起用しても、メッシのようなカットイン型サイドアタッカーにはならないだろう。

守備の局面での貢献は、ほとんど期待できず。

対人スキルだけでなく、ポジショニングやカバーリングも非常に稚拙なため、モンテディオ山形では、たびたび失点の元凶となっていた。

昨シーズンは、主に左SBに配置されていたが、もう一列まえでプレーさせたほうが良いのではないかと思う。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

モンテディオ山形2013シーズン選手短評

2.DF小林亮
スタミナが豊富なワークホース型SB。運動量だけがとりえで攻守に不安定。いちおうは両サイドでプレー可能。

3.DF石井秀典
コーチングに長けたスイーパー。J2では貴重なラインコントローラーだが、体格が華奢で対人プレーに弱く、エアバトルを非常に苦手としている。

4.DF西河翔吾
身体能力が高く1対1にも強いストッパー。スピードがあり、マーキング技術にも秀でている。空中戦については標準よりもやや下のレベル。

5.DF堀之内聖
3バックの中央を専門とするDFリーダー。周囲の選手を動かしてゴールを守ることに長けている反面、個の強さには欠ける。浦和時代は4バックでの起用は無理と言われていた。ボランチで起用されていた時にはフィルター役として、CBのときよりも高いパフォーマンスを見せている。

6.DF山田拓巳
サイドで上下動を繰り返す馬車馬タイプのSB。スピードとスタミナを兼備しており、タッチラインのスペースをひとりでカバーすることが出来る。クロスの質は悪くないが、精度がやや低い。

7.MF中村太亮
ダッシュ力を活かした縦への突破でサイドからチャンスをつくる純正ウインガー。今季はSBを主戦場としていたが、攻撃的SBと言われている選手達の中でも特に守備意識が低い。左足のキックでアシストを量産したが、彼を原因とする失点の多さを考えるとペイしていたか疑問である。

8.FW林陵平
長身のシャドーストライカー。空中戦の強さが中の上な代わりに機動力に優れ、DFラインの裏へ飛び出すプレーを得意としている。豊田のようにファーサイドへ逃げる動きがほとんど見られず、クロスにはニアサイドで合わせることを好む。

9.FW中島裕希
J1レベルの突破力を備えるセカンドストライカー。昨シーズンまでは独善的なプレーが多かったが、チームの攻撃戦術がコンビネーション主体になったことにより、ようやく周囲を使うことを覚えた模様。個人技でフィニッシュに持ち込むだけでなく、クロスに合わせることも出来る。

10.MF伊東俊
摑みどころのないサイドアタッカー。チームアシスト王だがチャンスメークよりもフィニッシュに絡むほうが得意な様子。右足のプレースキッカーを任されていた。

13.DF石川竜也
ピンポイントクロスに定評のある名クロッサー。加齢による身体的な衰えは見られるが、左足のキックはまだ錆びついていない。中村ほどではないが守備スキルに課題がある。

18.FW萬代宏樹
インザーギ系の長身FW。以前は痩身で非力な脚が速いだけのボックスストライカーだったが、筋肉量が増えてパワフルになり空中戦でも違いを見せられるようになった。コンビネーション主体のスタイルに合わず、昨年のパフォーマンスは不発に終わる。

19.MF秋葉勝
イングランドスタイルのセンターハーフ。中盤の底からペナルティエリアへ侵入しフィニッシュに絡む。ミドルシュートも装備している。やや守備に難あり。

21.GK常澤聡
身体的素質に恵まれたGK。ただし技術的にも戦術的にも非常に未熟で、総合力ではJ2のワーストGKだろう。第40節松本山雅戦ではゴールキックを直接決められるという失態を演じている。

23.DFイ・ジュヨン
アスリート能力の高さが魅力の巨漢CB。186センチと長身な上にジャンプ力があり、エアバトルでは無敵を誇った。そのうえ100メートル走11秒台という俊足の持ち主でもある。しかし、フィジカル以外はJFLレベル。横からのボールに弱く、セットプレーでは攻守に頼りにならず。

24.MFロメロ・フランク
低重心で馬力のある攻撃的ボランチ。3列目からワンツーなどのコンビネーションプレーでゴール前に攻め上がり、チャンスメークとフィニッシュワークの両面でチームに貢献する。守備意識が低くカバーリングセンスに欠ける。

30.FW山崎雅人
スピードと突破力を備えたインザーギ系FWだったはずが、例のごとく守備意識が高すぎてディフェンシブFWにコンバートされてしまった元点取り屋。中盤やセカンドストライカーとして起用されがちだが、本領を発揮するのは最前線。スルーパスだけでなく、クロスにも対応できる。

人気ブログランキングへ

【栃木SC】廣瀬浩二【FW】

名前:廣瀬 浩二(ヒロセ コウジ)

国籍:日本

生年月日:1984年3月13日(29歳)

身長:165センチ

体重:61キロ

ポジション:FW

所属クラブ:栃木SC(J2)



・プレースタイル
テクニカルな軽量級アタッカー。

小柄な体格のためアジリティに優れており、スピーディなドリブルを見せる。

両足を自在に操ることができ、どちらのサイドでもプレー可能。

サイドを突破してクロスを上げるだけでなく、スペースに飛び出してフィニッシュに絡むことも出来る。

足元に欲しがりがちでリアクション傾向が強くダイナミズムに欠けるのが弱点である。

長身で運動量が豊富なFWと組ませるか、さもなくば中盤のサイドで起用したほうが持ち味を活かせるだろう。

人気ブログランキングへ

栃木SC2013シーズン選手短評

4.DF大和田真史
セットプレーのターゲットにもなる空中戦の強さが自慢の長身CB。アジリティに弱点があり、高速ドリブラーとの1対1には滅法弱い。状況判断力にも課題。

5.MFチャ・ヨンファン
高さと強さを兼ね備えた守備的MF。フィジカル面を買われてか主にCBで起用されていた。CBとしてだけでなく、専門のボランチでも戦術理解に問題を抱えている。

6.DF當間建文
本来はSBが主戦場のDFリーダー。身体能力が高く、178センチとCBとしては小柄ながら空中戦に滅法強い。ライン統率者としては、安定したパフォーマンスを見せていた。

7.MFパウリーニョ
中盤のディフェンスを指揮する守備的MF。頑強でコンタクトプレーに強く、プレッシングの先鋒としてボールを奪い続け、ショートカウンターの起点になっていた。

8.FW廣瀬浩二
テクニカルな軽量級アタッカー。アジリティに優れ、両足を自在に操り、チャンスメークとフィニッシュワークの両面で機能する。足元にボールを欲しがりがちでリアクション傾向が強くダイナミズムに欠けるのが短所。

9.FWサビア
インザーギ系のボックス・ストライカー。スピードがあり、CBの死角に入り込む動きに優れている。守備意識が低いため、全員守備を志向する松田監督の好みに合わず、主にスーパーサブとして起用されていた。

10.MF高木和正
かつては高校ナンバーワン・レフティと呼ばれていた技巧派オフェンシブMF。高精度の左足のキックが武器でプレースキッカーも任されていた。ボランチで使われることもあるが、適性はない。

11.MFクリスティアーノ
スピード、パワー、テクニックと三拍子揃った万能アタッカー。2列目ならばどこでもこなす。サイドをえぐってクロスを上げるだけでなく、スルーパスを出すことも出来る。空中戦に強く、クロスやセットプレーのターゲットとしても機能。守備面の貢献は限定的。

16.MF杉本真
岡崎慎司を思い起こさせるシャドーストライカー。ファーサイドへと飛び込み、クロスに合わせて貴重なゴールを決めていた。

19.DF赤井秀行
SB、CBの両方でプレー可能な守備のマルチロール・プレーヤー。173センチと身長はミニサイズだが、対空能力が標準レベルで1対1に強いためCBでもプレー可能。ただし松田監督の指導を長年受けていながらゾーンディフェンスのセオリーをまったく理解していない模様。

28.MF菊岡拓朗
卓越したアタッキングセンスを備えるファンタジスタ。身長がもう5センチ高ければ、普通にJ1でプレーしていただろう。

32.FW近藤祐介
ディフェンダーを引きずりながらゴールへ突撃する重戦車ストライカー・・・のはずだったのだが、いまはなぜか守備で頑張る選手に成り下がってしまったディフェンシブFW。フィジカルに頼りすぎたプレースタイルには限界があったが、まさか鈴木隆行路線へと進んでしまうとは。

37.GK榎本達也
原石のまま磨かれずに年月を経てしまったベテランGK。体格に恵まれ将来を嘱望されていたが、戦術面に成長の跡が見られず、ひとりだけJリーグ創世期のGKのようなプレーをしている。メンタル面の未熟さもいまだ解消ならず。

人気ブログランキングへ

【ガンバ大阪】倉田秋【MF】

名前:倉田 秋(クラタ シュウ)

国籍:日本

生年月日:1988年11月26日(25歳)

身長:172センチ

体重:68キロ

ポジション:FW

所属クラブ:ガンバ大阪(J1)



・プレースタイル
パス、ドリブル、シュートと三拍子揃った攻撃的MF。

ガンバ大阪ユース出身者の共通点である、スペースの隙間でボールを受ける動きに長けている。

バイタルエリアに侵入してミドルシュートやスルーパスでゴールを脅かすだけでなく、サイドを突破してクロスを上げることも出来る。

足元にボールを収める技術があるため、フリーランニングでスペースメークする意識には乏しかった。

しかし現在は、宇佐美をサポートするため、囮役としてある程度は走れるようになっている。


人気ブログランキングへ

ガンバ大阪2013シーズン選手短評

1.GK藤ヶ谷陽介
シュートストップに自信があるというGK。ポジショニングが悪く、シュートにタイミングを合わせるのも苦手。逆を突かれてゴールを決められることもたびたびであった。1対1でも中途半端な位置で立ち止まり、アタッカーにプレッシャーを欠けられ無い場面が目立つ。

4.DF藤春廣輝
50メートル走5秒台という高速SB。リーグ屈指のスピードスターのミキッチをスプリント勝負で完封するほどの走力を備えている。クロスを上げるだけでなく、ワンツーで抜けだしてシュートを放つことも出来る。弱点は攻守の切り替えが遅く、背後を取られやすいこと。

5.DF丹羽大輝
J2では希少なディフェンスリーダー。周囲を動かしてDFラインを上下動させる事ができる。空中戦やマンマークなど対人プレーに課題がある。

6.MF倉田秋
パス、シュート、ドリブルと三拍子そろった攻撃的MF。スペースの隙間でパスを受けるのがうまく、そこからスルーパス、ミドルシュート、ワンツーで決定機に絡む。オフ・ザ・ボールで自分からアクションを起こしていけないのが課題だったが、最近は宇佐美のために囮役として走り回る。

7.MF遠藤保仁
日本代表史上最高のパサー系攻撃的MF。ペナルティエリア内でも冷静さを失わず、決定機を演出する。パスの出し手だけでなくパスの受け手としても国内トップクラス。高さはないが、ポジショニングのよさでヘディングシュートを決めることもある。

8.DF岩下敬輔
高さと強さを兼ね備えた武闘派CB。ストッパーとしての能力は高いのだが、悪質なチャージとビルドアップ時にパスミスの多さが玉にキズ。

9.FWレアンドロ
スピードと突破力が武器の第1FW。DFとの駆け引きに関しては佐藤寿人をも上回っている。FWとしては小柄ながら、突出した機動力でマーカーを振り切り、ヘディングシュートでゴールを量産した。

10.二川孝広
ガンバ大阪が誇るファンタジスタ。倉田とは同系統だが、ペナルティエリア内に進入する意欲に乏しく、よりMF的なキャラクター。弱点も倉田と同一。

11.FWパウリーニョ
左足のシュートが武器のセカンドストライカー。ドリブル技術は、ブラジル人アタッカーとしては中の下といったところ。シュートコースを切られると苦しむ。

13.MF阿部浩之
オフ・ザ・ボールの動きに秀でたセカンドアタッカー。スペースの隙間でボールを受けるのがうまく、そこから両足でシュートを放つことが出来る。シュート以外に有効な選択肢を持たないのが課題。

15.DF今野泰幸
1対1の強さは日本一のボールスイーパー。遠藤とダブルボランチを組んだ際には、遠藤を残して敵陣への突撃を繰り返していた。状況判断力に問題があると言わざるをえない。

21.DF加地亮
元日本代表の攻撃的SB。対人プレーには強いが、逆サイドにボールがある際の守備に欠点がある。

25.MF岡崎建哉
二川と倉田を足して2で割ったような攻撃的MF。ガンバ大阪ユース出身者では、もっともパスセンスに優れている。

39.FW宇佐美貴史
ボールを持てば国内最高のタレント。課題と言われ続けてきたオフ・ザ・ボールの動きは、いまだにマスターできずにいる。J2で18試合19得点という記録を残したが、遠藤らを囮に走り回らせた結果の好成績に過ぎない。甘やかし過ぎは本人のためにならないと思うのだが。

人気ブログランキングへ

【セレッソ大阪】ディエゴ・フォルラン【FW】

名前:ディエゴ・フォルラン(Diego Forlán Corazo)

国籍:ウルグアイ

生年月日:1979年5月19日(34歳)

身長:181センチ

体重:74キロ

ポジション:FW

所属クラブ:インテルナシオナル(ブラジル全国選手権セリエA)



・選手紹介
Diego Forlán jugará en Japón

W杯南アフリカ大会MVPやヨーロッパ・ゴールデンシューなど、数々の個人タイトルを受賞してきた世界的スーパースター。

公式発表はまだだが、セレッソ大阪への移籍が決まったとの報道が現地メディアで流れている。

・プレースタイル
世界屈指のミドルシューター。

ロングレンジからでも両足で正確にゴールを射抜くことが出来る。

そのシュート技術を活かすためにセカンドストライカーとして起用されやすいが、持ち味を発揮できるのは最前線。

DFラインの背後を取る動きに長けており、スルーパスやクロスの仕上げ役として機能する。

ただし34歳とプレーヤーとしては晩年に入っており、強みだったスピードはすでに衰えを見せている模様。

キャノンシュートという強力すぎる武器を持つためか、ドリブル・パス技術が磨かれていない。

ポストプレーやワンツーパスをよく試みているが、パスセンスに欠けるため、うまくいかない場合のほうが多いようだ。

基本的にペナルティエリア周辺では、クロスとシュートの二択しかない選手というわけだ。

そのためセカンドストライカーとして起用されると苦しむ傾向がある。

ファン・ニステルローイやディエゴ・ミリートと2トップでコンビを組まされると結果を残せなかったのは、そこに理由がある。

スピードに衰えが見られるが、それでも最前線で起用したほうが良いだろう。

人気ブログランキングへ

【ヴィッセル神戸】森岡亮太【MF】

名前:森岡 亮太(モリオカ リョウタ)

国籍:日本(京都府)

生年月日:1991年4月12日(22歳)

身長:180センチ

体重:70キロ

ポジション:MF

所属クラブ:ヴィッセル神戸(J1)



・プレースタイル
とうとう覚醒した技巧派アタッカー。

シーズン前半までは典型的な「テクニックはあるけどサッカーの下手な選手」だった。

ゴールへ向かわない消極的なプレーが多く、技術の高さを活かせないという大きな欠点を抱えていた。

だが、故障離脱中に何かを開眼したのが、戦術理解力が大幅に向上。

卓越したボールスキルを備えた万能アタッカーへと成長する。

怪我から復帰した第30節東京ヴェルディ戦以降の12試合で5ゴール6アシストと驚異的なパフォーマンスを披露した。

ポジショニングがうまく両足で正確にボールをコントロールできるため、狭いスペースでもボールを受けることが出来る。

視野が広く、パスセンスにも優れており、スルーパスでいくつものチャンスを演出していた。

ペナルティエリア内でも慌てずにキックフェイントでディフェンダーをかわすあたり、冷静さと狡猾さを併せ持っているようだ。

2列目でもプレー可能だが、このままFWとして使い、マルキーニョスとコンビを組ませた方が良いのではないかと思う。

うまくすれば元オランダ代表の名手ベルカンプのようになれるかもしれない。

人気ブログランキングへ

ヴィッセル神戸2013シーズン選手短評

3.DF相馬崇人
クロスとドリブル突破に定評のある左利きの攻撃的SB。守備意識が低く、前方にスペースを欲しがるタイプなため、SBよりもWBに向いている。

6.MFエステバン
リーグ最高のボール回収人。突出した機動力を武器に、片っ端から相手のボールを奪い去っていった。過去にSHでのプレー経験もあるが、オフェンス面での貢献は限定的。

7.FWポポ
超人的な身体能力でゴールをこじあけるフィジカル・モンスター。テクニックはそれほどでもないが、ダッシュ力を活かしたドリブルと強力なキャノン・シュートでゴールを決める。クロスなどチャンスメーク能力も備えている。

8.FWマジーニョ
黒いメッシの異名で知られるカットイン型サイドアタッカー。高精度の左足のキックでセットプレーなどからチャンスを量産した。スルーパスを出せる選手なのだが、神戸のチーム事情のためか、スルーパスよりもミドルシュートを選択するシーンが多い。

10.MF森岡亮太
とうとう覚醒した超絶テクニシャン。以前は、ゴールへ向かわない消極的なプレーが目につく「テクニックはあるけど、サッカーは下手な選手」の典型だった。しかし、怪我から復帰して以降は、戦術理解が向上し、持ち前のボールスキルの高さを活かせるようになった。

11.FW田代有三
日本最強のエアバトラー。181センチとそれほどサイズがあるわけではないが、驚異的なジャンプ力でペナルティエリア内の制空権を掌握する。スピードもあるためサイドのスペースに流れる傾向が強く、セカンドストライカー的なキャラクターが濃い。

13.MF小川慶治朗
規格外のスピードでゴールを脅かすシャドーストライカー。得点感覚に優れ、ゴール前でこぼれ球を押し込むシーンも多い。ミドルシュートも備えている。チャンスメーカーというよりもフィニッシャーの色彩が強い。

16.FW有田光希
スピードとパワーを兼備したボックスストライカー。攻撃の終着点としてクロスにもスルーパスにも対応できる。身体能力に頼りすぎて動きが単調なのが欠点。

17.FW吉田孝行
ひと通りなんでも出来る万能アタッカー。強力な武器を持っていないが、プレーレパートリーが豊富で攻撃にバリエーションをもたらしてくれる。FWでの起用が多いが、適性は2列目。

19.DF岩波拓也
いま流行りの長身でボールテクニックに優れたCB。まだ体が出来上がっておらず、当たり負けする場面が少なくない。判断力も身についておらず、現時点では河本、北本に大きく見劣りする。

22.GK山本海人
ハイボールの処理に定評のあるGK。中途半端な動きが多く、決断力に欠けるきらいがある。ディフレクションのミスも少なくない。

23.DFイ・グァンソン
193センチとリーグ屈指の高さを備えたストロング・ヘッダー。田代と並ぶセットプレーの得点源となっていた。ただしスゴイのはヘディングだけ。集中力に欠け、状況判断力の低さは岩波をも下回っていた。

27.MF橋本英郎
元日本代表のボランチ。ブログなど語り口から知性派とみなされているが、プレーはそれほどクレバーでもない。守備専業が務まるほどのディフェンス能力はなく、適性ポジションは不明。

人気ブログランキングへ

【横浜FC】ホナウド【FW】

名前:ホナウド(Ronaldo Henrique Silva)

国籍:ブラジル

生年月日:1991年4月10日(22歳)

身長:182センチ

体重:82キロ

ポジション:FW

所属クラブ:横浜FC(J2)





・選手紹介
ホナウド選手 ジョインヴィレEC(ブラジル)より完全移籍加入のお知らせ

元U20ブラジル代表のセンターフォワード。

J2へ移籍してくるブラジル人というと、所属元がセリエDや州選手権のクラブである場合が多い。

対するホナウドは、主にブラジル全国選手権セリエBの舞台で経験を積んできた選手である。

経歴という点では、申し分のない選手といえるだろう。


・プレースタイル
プレッシャーの厳しい最前線でもポストプレーをこなせる頭脳派FW。

スピードはそれほどないが、巧みなオフ・ザ・ボールの動きでCBを出し抜き、攻撃の基準点となる。

元日本代表の黒部光昭と佐藤寿人を足して2で割ったような感じの選手だ。

ドリブルなど個人で局面を打開しようとする事はまずなく、ポストプレーやワンツーなど周囲の選手と連携してチャンスをつくろうとしていた。

アシストへの意識が高く、ゴール前でシュートを打てそうな場面でも、しばしばパスを選択していた。

両足でキックできるが、シュート技術はやや低め。

ヘディングが得意でボックス・ストライカーとしても機能する。

アシスト能力を買われてかサイドFWとしてもプレーしていたが、サイドのパサーとして機能するほどのチャンスメーク能力は見られなかった。

2トップでコンビを組むことが有力な黒津との相性という点では、チームを退団した大久保よりも良いだろう。

人気ブログランキングへ
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。