現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ヴェルディ2013シーズン選手短評

1.GK佐藤優也
お笑い系と言われたのも今や昔、シュートストップに長けたゴールキーパー。DFのサポートがあれば的確にシュートをセーブする。プレーの難易度が上がると、途端にプレーが投げやりになるという欠点を抱えている。1対1に弱く、飛び出しの判断もよろしくない。

2.DF石神直哉
左サイドのスペシャリスト。高精度の左足のキックが武器。パワーとスピードに欠け、対人プレーに脆さを見せる。その守備力はWBとしても不十分なレベル。攻撃力を買われてCBとしても起用されるが、ディフェンス面でチームの足を引っ張っていた。その代わりクロスの破壊力は抜群。

3.DF刀根亮輔
身体能力の高いストッパー。簡単に背後を取られ、カバーリングミスも少なくないが、対人プレーに関しては安定していた。

6.DF福井諒司
猪突猛進系ストッパー。フィジカルコンタクトに強く、ハードマークでFWを封殺する。不用意に飛び出すプレーが多いのが課題。、何度も裏のスペースを狙われていた。左足のフィードの質に定評があり、ロングパス一発でアシストを決めることもある。

11.MF西紀寛
多彩な選択肢を持つ攻撃的MF。J1時代は器用貧乏の印象があったが、J2にステージを移してから万能超人へと進化した。さすがにCHをこなせるほどの守備力はなく、今シーズンは持ち味をなかなか発揮できず。

14.MF鈴木淳
左利きの和製ベッカム。展開力はあるが、組み立て能力に欠ける。CBからのパスを引き出す動きにも欠点があり、ボールを奪われてカウンターの起点になることもしばしばだった。プレースキッカーとしてはリーグ屈指の実力を備えている。

15.MF小池純輝
ミドルシュートの威力に定評のあるカットイン型サイドアタッカー。元FWだけあって、ゴール前に飛び込み、クロスに合わせる技術も備えている。左WB起用は無理筋。

16.MF飯尾一慶
小柄でアジリティに優れたセカンドアタッカー。運動量豊富で足元の技術にも優れている。チャンスメーカーとしては凡庸で、ゴールへの意識も低く、どっちつかずな印象。

17.FW常磐聡
驚異的な身体能力が魅力のセカンドストライカー。ジャンピングボレーを始めとするアクロバティックなゴールが多い。器械体操の経験があり、ゴールパフォーマンスの宙返りで有名。高原に遠慮してか、無理に合わせて動こうとするきらいがある。

18.FW巻誠一郎
元日本代表のストロングヘッダー。ヘディングシュートのうまさは相変わらず。クロスさえ供給されれば、J2レベルのDFには対処不可能。

19.DF森勇介
攻撃力だけなら日本代表級のサイドアタッカー。カードコレクターとして有名な問題児だったが、現在は更生済み。今シーズンはイエローカードを2枚しかもらっていない模様。ただし守備のルーズさには変化なし。

26.DF井林章
軽量級ながらフィジカルに優れた頭脳派ストッパー。東京ヴェルディのDFの中では一番安定していた。178センチと上背はないが、競り合いにも強い。右足のフィードとロングクロスでチャンスメークも出来る。

27.MF前田直樹
プレーレパートリーの豊富な攻撃的MF。西の後継者となりそう。同級生の中島よりも、前田のほうが有望に思える。

44.FW高原直泰
元日本代表のエースストライカー。不得意な最前線のポストプレーヤーを任されながら、しぶとくチーム最多の11ゴールを記録。まだまだJ1でやれる実力は維持できている。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ファジアーノもお願い致します。
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。