現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜FC2013シーズン選手短評

1.GKシュナイダー潤之介
J2で200試合以上の出場経験をもつベテランGK。顔に似合わず保守的なのか、古いセオリーでプレーしているらしく、他のGKとは異なる動きをみせる。

2.DF野上結貴
足元の技術に優れたDF。本職はボランチだが、1対1の強さを買われてCB、SB起用されることが多い。DFとしての経験は浅く、マンマークやカバーリングなどの基本をマスターできていない。

3.DF森下俊
テクニカルな左利きのCB。スピードがあるため左SBでも使われていた。DFリーダーとして期待されていたが、足の速さに頼りがちで、ラインコントロールやカバーリングに長けてはいない。対人プレーでも甘さが目立ち、適性ポジションは不明。

4.DFペ・スンジン
空中戦に強い韓国人ストッパー。打点の高いヘディングでセットプレーのターゲットにもなる。予測能力が低く、マーキングが甘め、相手FWの動きについていけないシーンがたびたび見られた。
5.DF西嶋弘之 ディフェンスのユーティリティープレーヤー。180センチと大柄な体格のため、DFにコンバートされたが、デビュー当初は攻撃的MFだった。パス技術に優れ、ヘディングシュートを得意としている。1対1に弱く、DFに向いているわけではなかったりする。

6.MF高地系治
高精度のキックで決定機に絡むサイドアタッカー。左足から繰り出されるクロスとミドルシュートは、破壊力抜群。なぜボランチで起用されるのかが理解できない。

8.MF佐藤謙介
J2では珍しい本格的なゲームメーカー。突出したパス技術があるわけではないが、プレービジョンを備えており、的確にパスを繋ぐことが出来る。ただパスが上手いだけの“なんちゃってゲームメーカー”とは一線を画する。

9.FW黒津勝
高い身体能力を備えた快足FW。179センチとサイズは中肉中背だが、ジャンプ力があり、ヘディングシュートを得意としている。強烈な左足のミドルシュートも装備。

13.MF野崎陽介
小柄でスピーディーなシャドーストライカー。サイドからDFラインの背後への飛び出しで、今季はチーム2位のゴール数を記録した。チャンスメーク能力は皆無に近い。

14.MF武岡優斗
フィニッシュとチャンスメークの両面で機能するサイドアタッカー。ピンポイントのクロスでアシストを決めるだけでなく、ゴール前に飛び込みフィニッシュにも絡むことが出来る。豊富なスタミナを評価され、右SBでも起用されていたが、SBでのアシストは0本。理由は不明。

36.MF松下裕樹
ロングパスに定評のあるJ2屈指のゲームメーカー。かつては行動半径が狭く、走らない選手として有名だったが、いまは運動量が増え、プレーエリアも広くなっている。アンカーで起用されることが多いが、ポジショニングが悪く、カバーリングもうまくない。

39.FW大久保哲哉
長身のシャドーストライカー。痩身で機動力があり、スペースへの飛び出しを得意としている。筋肉量が少なく、フィジカルコンタクトを苦手としている。背が高いFW=ポストプレーヤーという構図の犠牲者。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。