現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイナーレ鳥取2013シーズン選手短評

2.DF柳川雅樹
足元の技術に優れフィジカルコンタクトに強いCB。ゾーンで守る意識が強すぎるためか、マンマークを苦手としており、ゴール前でFWをしょっちゅうフリーにしていた。個人的には昨シーズンのJ2ワーストCBだと思っている。

3.DF柳楽智和
喰い付いたら放さない番犬タイプのストッパー。178センチとスモールサイズだが、肉弾戦に強く、ハードマークでFWを封殺する。人の動きにつられやすく、背後のスペースをがら空きにしてしまう悪癖がある。DFリーダーを任されたが、チームメートをうまく動かすことが出来ず。

6.DFドゥドゥ
ボランチ、CB、SBと様々なポジションで起用されたレフティ。最終ラインでやたらと余りたがるところを見ると、古典的なスイーパー型の選手ではないかと思う。186センチと大柄な体格に似合わず、それなりにスピードがある。ガイナーレ鳥取ではどこで起用しても機能せず。

7.MF横竹翔
高萩、柏木といった日本代表に昇りつめた先輩たちを差し置き、かつては広島ユース史上最高のタレントと称された肉体派プレーヤー。フィジカルとテクニックを兼備し、高円宮杯得点王の実績を持つ。CBやボランチで起用されたが、戦術理解力に乏しく、何度も失点の原因となっていた。

10.MF実信憲明
シャドーワークに長けた攻撃的MF。今シーズンはセンターハーフを主戦場としていたが、守備意識が低く、フィルター役をこなせなかった。

13.FW久保裕一
広範囲に動いて攻撃の基準点となるポストプレーヤー。サイズの割には空中戦に強くなく、ロングボールのターゲットマンになりきれなかった。しかし、ファーサイドに流れてクロスに合わせるプレーは得意としている。

15.DF田中雄大
川崎のロベカルのあだ名で知られた攻撃的SB。左足の強力なキャノンシュートで中長距離からでもゴールを脅かせる。なぜか本職のサイドでは使われず、ボランチやCBで起用されていた。守備面に課題が多く、向いているようにはまったく見えなかったのだが。

16.DF武田英二郎
左足のクロスに定評のある攻撃的SB。田中との共存に苦しみ、自慢のアタッキング能力を活かせる場面は皆無に近かった。リーグ終盤はボランチに配置されていたが、こちらも適性があるようには見えず。

18.DF尾崎瑛一郎
右サイドからチャンスを演出するクロスマシーン。ガイナーレ鳥取の得点は、大半が尾崎の右足を経由していた。多少、守備に問題を抱えていたものの、他の選手よりもマシに見えた。男前田に干された理由が全然わからない。右足のプレースキッカーも担当。

19.FW住田貴彦
「山陰の超特急」の異名で知られるスピードスター。オフ・ザ・ボールの動きに課題があり、現時点では足が速いだけの選手になってしまっている。

21.GK杉本拓也
ゴール前に張り付くタイプの古典的なゴールキーパー。飛び出しの判断に問題があり、CBの連携ミスがよく見られた。ベテランの小針よりも能力は上。

22.MF森英次郎
CBからシャドーまでこなしたマルチロールプレーヤー。ただし使われていただけで機能していたわけではない。器用貧乏な選手で攻守どちらでも水準を下回っていた。J3でならば万能選手だったのかもしれないが。

25.MF奥山泰裕
運動量の豊富なムードメーカー。元気に走り回っていたが、これといった実効性のあるプレーを見せてもらえなかった。

26.FW永里源気
チーム得点王として二桁ゴールを記録したシャドーストライカー。シュート技術に定評があり、ペナルティエリア外からもゴールの枠を正確に捉えることが出来る。囮役として機能していた久保と引き離されると極度の決定力不足に悩まされていた。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。