現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モンテディオ山形】中村太亮【MF】

名前:中村 太亮(ナカムラ タイスケ)

国籍:日本(京都府)

生年月日:1989年7月19日(24歳)

身長:182センチ

体重:68キロ

ポジション:MF

所属クラブ:ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)



・プレースタイル
ダッシュ力を武器にサイドを突破する純正ウインガー。

左足のキックに秀でており、高精度のクロスとプレースキックでチャンスを量産する。

ドリブルは緩急で縦に抜けていくスタイルなことから、前方にスペースがないと本領を発揮できない。

そのため縦のコースをふさがれると苦しむ傾向がある。

左サイド専門の選手といってよく、おそらく右サイドで起用しても、メッシのようなカットイン型サイドアタッカーにはならないだろう。

守備の局面での貢献は、ほとんど期待できず。

対人スキルだけでなく、ポジショニングやカバーリングも非常に稚拙なため、モンテディオ山形では、たびたび失点の元凶となっていた。

昨シーズンは、主に左SBに配置されていたが、もう一列まえでプレーさせたほうが良いのではないかと思う。

人気ブログランキングへ

モンテディオ山形2013シーズン選手短評

2.DF小林亮
スタミナが豊富なワークホース型SB。運動量だけがとりえで攻守に不安定。いちおうは両サイドでプレー可能。

3.DF石井秀典
コーチングに長けたスイーパー。J2では貴重なラインコントローラーだが、体格が華奢で対人プレーに弱く、エアバトルを非常に苦手としている。

4.DF西河翔吾
身体能力が高く1対1にも強いストッパー。スピードがあり、マーキング技術にも秀でている。空中戦については標準よりもやや下のレベル。

5.DF堀之内聖
3バックの中央を専門とするDFリーダー。周囲の選手を動かしてゴールを守ることに長けている反面、個の強さには欠ける。浦和時代は4バックでの起用は無理と言われていた。ボランチで起用されていた時にはフィルター役として、CBのときよりも高いパフォーマンスを見せている。

6.DF山田拓巳
サイドで上下動を繰り返す馬車馬タイプのSB。スピードとスタミナを兼備しており、タッチラインのスペースをひとりでカバーすることが出来る。クロスの質は悪くないが、精度がやや低い。

7.MF中村太亮
ダッシュ力を活かした縦への突破でサイドからチャンスをつくる純正ウインガー。今季はSBを主戦場としていたが、攻撃的SBと言われている選手達の中でも特に守備意識が低い。左足のキックでアシストを量産したが、彼を原因とする失点の多さを考えるとペイしていたか疑問である。

8.FW林陵平
長身のシャドーストライカー。空中戦の強さが中の上な代わりに機動力に優れ、DFラインの裏へ飛び出すプレーを得意としている。豊田のようにファーサイドへ逃げる動きがほとんど見られず、クロスにはニアサイドで合わせることを好む。

9.FW中島裕希
J1レベルの突破力を備えるセカンドストライカー。昨シーズンまでは独善的なプレーが多かったが、チームの攻撃戦術がコンビネーション主体になったことにより、ようやく周囲を使うことを覚えた模様。個人技でフィニッシュに持ち込むだけでなく、クロスに合わせることも出来る。

10.MF伊東俊
摑みどころのないサイドアタッカー。チームアシスト王だがチャンスメークよりもフィニッシュに絡むほうが得意な様子。右足のプレースキッカーを任されていた。

13.DF石川竜也
ピンポイントクロスに定評のある名クロッサー。加齢による身体的な衰えは見られるが、左足のキックはまだ錆びついていない。中村ほどではないが守備スキルに課題がある。

18.FW萬代宏樹
インザーギ系の長身FW。以前は痩身で非力な脚が速いだけのボックスストライカーだったが、筋肉量が増えてパワフルになり空中戦でも違いを見せられるようになった。コンビネーション主体のスタイルに合わず、昨年のパフォーマンスは不発に終わる。

19.MF秋葉勝
イングランドスタイルのセンターハーフ。中盤の底からペナルティエリアへ侵入しフィニッシュに絡む。ミドルシュートも装備している。やや守備に難あり。

21.GK常澤聡
身体的素質に恵まれたGK。ただし技術的にも戦術的にも非常に未熟で、総合力ではJ2のワーストGKだろう。第40節松本山雅戦ではゴールキックを直接決められるという失態を演じている。

23.DFイ・ジュヨン
アスリート能力の高さが魅力の巨漢CB。186センチと長身な上にジャンプ力があり、エアバトルでは無敵を誇った。そのうえ100メートル走11秒台という俊足の持ち主でもある。しかし、フィジカル以外はJFLレベル。横からのボールに弱く、セットプレーでは攻守に頼りにならず。

24.MFロメロ・フランク
低重心で馬力のある攻撃的ボランチ。3列目からワンツーなどのコンビネーションプレーでゴール前に攻め上がり、チャンスメークとフィニッシュワークの両面でチームに貢献する。守備意識が低くカバーリングセンスに欠ける。

30.FW山崎雅人
スピードと突破力を備えたインザーギ系FWだったはずが、例のごとく守備意識が高すぎてディフェンシブFWにコンバートされてしまった元点取り屋。中盤やセカンドストライカーとして起用されがちだが、本領を発揮するのは最前線。スルーパスだけでなく、クロスにも対応できる。

人気ブログランキングへ

【栃木SC】廣瀬浩二【FW】

名前:廣瀬 浩二(ヒロセ コウジ)

国籍:日本

生年月日:1984年3月13日(29歳)

身長:165センチ

体重:61キロ

ポジション:FW

所属クラブ:栃木SC(J2)



・プレースタイル
テクニカルな軽量級アタッカー。

小柄な体格のためアジリティに優れており、スピーディなドリブルを見せる。

両足を自在に操ることができ、どちらのサイドでもプレー可能。

サイドを突破してクロスを上げるだけでなく、スペースに飛び出してフィニッシュに絡むことも出来る。

足元に欲しがりがちでリアクション傾向が強くダイナミズムに欠けるのが弱点である。

長身で運動量が豊富なFWと組ませるか、さもなくば中盤のサイドで起用したほうが持ち味を活かせるだろう。

人気ブログランキングへ

栃木SC2013シーズン選手短評

4.DF大和田真史
セットプレーのターゲットにもなる空中戦の強さが自慢の長身CB。アジリティに弱点があり、高速ドリブラーとの1対1には滅法弱い。状況判断力にも課題。

5.MFチャ・ヨンファン
高さと強さを兼ね備えた守備的MF。フィジカル面を買われてか主にCBで起用されていた。CBとしてだけでなく、専門のボランチでも戦術理解に問題を抱えている。

6.DF當間建文
本来はSBが主戦場のDFリーダー。身体能力が高く、178センチとCBとしては小柄ながら空中戦に滅法強い。ライン統率者としては、安定したパフォーマンスを見せていた。

7.MFパウリーニョ
中盤のディフェンスを指揮する守備的MF。頑強でコンタクトプレーに強く、プレッシングの先鋒としてボールを奪い続け、ショートカウンターの起点になっていた。

8.FW廣瀬浩二
テクニカルな軽量級アタッカー。アジリティに優れ、両足を自在に操り、チャンスメークとフィニッシュワークの両面で機能する。足元にボールを欲しがりがちでリアクション傾向が強くダイナミズムに欠けるのが短所。

9.FWサビア
インザーギ系のボックス・ストライカー。スピードがあり、CBの死角に入り込む動きに優れている。守備意識が低いため、全員守備を志向する松田監督の好みに合わず、主にスーパーサブとして起用されていた。

10.MF高木和正
かつては高校ナンバーワン・レフティと呼ばれていた技巧派オフェンシブMF。高精度の左足のキックが武器でプレースキッカーも任されていた。ボランチで使われることもあるが、適性はない。

11.MFクリスティアーノ
スピード、パワー、テクニックと三拍子揃った万能アタッカー。2列目ならばどこでもこなす。サイドをえぐってクロスを上げるだけでなく、スルーパスを出すことも出来る。空中戦に強く、クロスやセットプレーのターゲットとしても機能。守備面の貢献は限定的。

16.MF杉本真
岡崎慎司を思い起こさせるシャドーストライカー。ファーサイドへと飛び込み、クロスに合わせて貴重なゴールを決めていた。

19.DF赤井秀行
SB、CBの両方でプレー可能な守備のマルチロール・プレーヤー。173センチと身長はミニサイズだが、対空能力が標準レベルで1対1に強いためCBでもプレー可能。ただし松田監督の指導を長年受けていながらゾーンディフェンスのセオリーをまったく理解していない模様。

28.MF菊岡拓朗
卓越したアタッキングセンスを備えるファンタジスタ。身長がもう5センチ高ければ、普通にJ1でプレーしていただろう。

32.FW近藤祐介
ディフェンダーを引きずりながらゴールへ突撃する重戦車ストライカー・・・のはずだったのだが、いまはなぜか守備で頑張る選手に成り下がってしまったディフェンシブFW。フィジカルに頼りすぎたプレースタイルには限界があったが、まさか鈴木隆行路線へと進んでしまうとは。

37.GK榎本達也
原石のまま磨かれずに年月を経てしまったベテランGK。体格に恵まれ将来を嘱望されていたが、戦術面に成長の跡が見られず、ひとりだけJリーグ創世期のGKのようなプレーをしている。メンタル面の未熟さもいまだ解消ならず。

人気ブログランキングへ

【ガンバ大阪】倉田秋【MF】

名前:倉田 秋(クラタ シュウ)

国籍:日本

生年月日:1988年11月26日(25歳)

身長:172センチ

体重:68キロ

ポジション:FW

所属クラブ:ガンバ大阪(J1)



・プレースタイル
パス、ドリブル、シュートと三拍子揃った攻撃的MF。

ガンバ大阪ユース出身者の共通点である、スペースの隙間でボールを受ける動きに長けている。

バイタルエリアに侵入してミドルシュートやスルーパスでゴールを脅かすだけでなく、サイドを突破してクロスを上げることも出来る。

足元にボールを収める技術があるため、フリーランニングでスペースメークする意識には乏しかった。

しかし現在は、宇佐美をサポートするため、囮役としてある程度は走れるようになっている。


人気ブログランキングへ
プロフィール

スケゴー

Author:スケゴー
気の向くままに国内外のサッカー選手を分析し解説する人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。